vagabondな社長Blog

相場のことからJAZZのことまで

ぼちぼちと上昇

4日の保有株はトータル9.5強プラス。
本日の日経平均や日経300、TOPIXあたりは1%以上も上がっているので、もの足りないっちゃ足りない。
が、あっちはあっちこっちはこっちである。

本日はマイナスに

2日の日経平均はプラスに切り返したようだが、
自分の保有株はトータル1マイナス。まぁ特に問題ないだろう。

システム障害もなんのそので大幅上昇

システム障害のあとは、高寄り。
これで株は6日連続プラスで、今日は27プラス。
株のおかげで、商品はイマイチのままだが、株と先物通算の本年度最高益を更新できた(たった4だけれど)。株は「動かざること山の如し」作戦でこれだけの成績なんだからうれしい。

東証のシステム障害

今日の東証は朝から障害が起きていて、取引停止中。
後場開始予定0時40分とあるが、44分現在まだ始まっていない。立ち会い開始予定13時20分ともあるね。注文受付が40分なのか?

まぁ今日も売買予定はないのでかまわないんだが。どうなってるのかな?

10月のトレード成績

31日も保有株は上昇。10月の株式成績はプラス54だった。まぁ、1回も売買はしていないんだが(笑)
今年のマイナス月は、4月がそれまでの反動で大きめの62.5マイナスになった以外は、8月の小幅マイナス7だけ。その2ヵ月以外は良い感じのプラスが続いている。
残りの2ヵ月も期待したいところである。

今月は商品先物もプラスになった。だが、絶対利益額は商品のほうが上とはいえ、どうも波に乗り切れていない。安定感は株のほうが上だな。

優待株との付き合い方-2

1996年に商品相場に出会ってから、そっちに集中していたため(資金もないし)、しばらく株の売買を休んでいた。
そのうち、バブル崩壊後の10年以上の長い下げ相場が終わりに近づいたと感じ、
2001年の暮れぐらいからそろそろっと株を再開することにした。

商品相場はその性質上、短期(長くても半年)のトレードになるため、両方を短期でやっていくのはキツイ。というか、完全オートマチックでない限り、できるわけがない。したがって、株は中長期にしようと決め、これまでにも紹介してきた「FAI投資法」を始めた。次の10年の上げ相場を取っていこうという意気込みだ。
それなりにジリジリっと利益が出始めるが、まだ当時のマーケットは弱気ムードのままで、2003年3月までの1年4ヵ月で10%強の利益程度しかでなかった。
日経平均もTOPIXもまだ下げ続けていた中でのプラスなので、たいしたものではある。だが、ほんとうにこのまま買っているだけで大丈夫なのか? との心配があったころでもあった。(つづく)

優待株との付き合い方-1(保有優待株の紹介)

中長期な運用をしていると書くネタがない。
細かい市況なんて全く気にしていないので、書いても意味がないしね。
というわけで低位株売買のほかに遊びで保有している優待株を紹介する。

ボクが優待株を始めたのは、優待がブームになり始めた
2003年の2月ころである。(つづく)

今年の最高益更新(株)

本日も保有株はほぼ上昇。
日経平均は朝からマイナス圏だったが、ボクの保有株はずっとプラス圏だった。
引けにぐっと伸びて10ほどプラス。これで今年の最高益を更新した。
今日は優待株として持っている「共立メンテナンス」がよくわからないけれどよく上がっていた。あと「ワタミ」もずいぶんと盛り返している。
「共立メンテナンス」は「平成屋」という居酒屋、「ワタミ」は「わたみん家」で優待券を利用している。どちらもチェーン店なのにマトモなものを食べさせてくれる店である。
あと優待株といえば「松屋」の株も持っているが、ここの優待券はオークションで売るか、人にあげてしまい自分では使わない。だって接客が悪いことが多いんでねぇ(その程度のサービスで利益が出ているんで、投資として買ったんだが、あまり好きではないのでテキトウな時期に売却したい)。

一方、ここ2週間、商品先物の方は足踏み状態だ。
milestonesのグッズ
トレーダーのための本

okutrade






執筆者のプロフィール

vagabond細田

最新コメント
Archives
よく利用するサービス
HMVジャパン











ブックオフオンライン









カラメルBOOKS 全品送料無料!本、CD、DVDの通販サイト

プレミアムバンダイ(ホビーオンラインショップ)

電子書籍ストア BookLive!
証券会社









with Ajax Amazon
  • ライブドアブログ