vagabondな社長Blog

相場のことからJAZZのことまで

『億を稼ぐトレーダーたち』詳細1〜目次

目次がほぼ確定したのでお知らせ。

okutrade

はじめに/この本の読み方

柳葉 輝
(専業個人トレーダー)
「人間は相場で損するようにできているのです」
こだわりを捨てて答えを見つけ、10億円の資産を形成したシステムトレーダー

渡辺博文
(大手アセットマネジメント・ファンドマネージャー)
「本当の美人を見分けろ」
個人投資家時代にビジネスモデル投資という手法を確立した、異色のファンドマネージャー

杉山晴彦
(個人トレーダー)
「すべてはマーケットの都合に従うだけです」
意地を張らない売買で、5カ月509・88%の収益を達成した学習塾経営者

綿貫哲夫
(証券ディーラー)
「私にとってマーケットは常に勉強の場なのです」
値動きの背景を探ることによって、10年以上勝ち続けるベテラントレーダー

成宮宏志
(元為替ディーラー、FAIメンバー)
「守・破・離」「チャートを見てマーケットの声を聴くのが楽しい」
理論と感性を融合させて結果を出す、元為替ディーラーのFAI投資法実践者

西村正明
(山前商事、プレーイングマネージャー)
「おもしろみのない地味な売買でマーケットのゆがみを拾う」
理論の裏付けによって負けない売買をくり返す、プロップファームのプレーイングマネージャー

橋田新作
(個人トレーダー、研究部会報会員)
「相場はいつでも失敗の連続です」
勉強した知識に長い経験を加えてついに成功。2年間で1億円以上稼いだ孤高の個人トレーダー

高橋良彰
(エイ・ティ・トレーダーズ代表)
「チームで100億円の利益を積み上げてきた。大切なのは人のチカラだ」
17年間、月間で1人もマイナスを出していないプロップチームをつくりあげた男

秋山 昇
(個人トレーダー)
「累計利益5億円達成で牛丼に半熟卵をつけるようになりました」
綿密な検証と大胆な行動──理想の二面性を持つ個人トレーダー

●追加インタビュー
柳葉 輝/西村正明&高橋良彰/杉山晴彦/綿貫哲夫

ごぶざたの近況報告

このたびの東日本大震災により、被災されたすべての皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。


さて近況を報告。
まずはトレードから。ぼくのトレードのメインは、流動性と優位性の両立を求めた結果、数年前から日経225オプションにした。今年も1〜2月限は順調に利益を積んできた(3月限はややマイナス)。しかし今回の震災であちこちの証券会社が被害を受け、オプションを売り禁止にしてしまった。売りOKの会社でもごく少ない枚数に制限されている。これではポジション操作が難しいので、現在は様子見で休んでいるところだ。

次は5年ぶりの新刊の件。
数年前から準備してきた自信作をついに発行する。
『億を稼ぐトレーダーたち〜日本版マーケットの魔術師たちが語る成功の秘密』(林知之著)
株式、FX、先物のすべてのトレーダー必読!
表舞台にほとんど出てこない、日本人のスゴ腕トレーダーたちの本音がつまったインタビュー集。
真の実力者9人による赤裸々なトーク満載。あなたがトレードで成功するためのヒントがいくつも見つかる!

内容は林投資研究所の会報で、現在も好評連載中のものに大幅加筆&追加インタビューしてブラッシュアップ。
個人投資家はもちろん、プロのトレーダー、ファンドマネージャー、計9人のスーパートレーダーのさまざまな秘密にせまった。

詳細はここのブログで、少しずつ紹介しく予定。ご期待ください。

来年の抱負

いやぁ、おひさしぶりです。
見事に年初の挨拶以降、なにも書かなかったなぁ。

2010年のぼくは世の中の変化に抗えず、今後のいろいろな下準備をした。そんなわけで、来年はいろいろと書くことがあると思う。
いま、来年の豊富な抱負を書こうかと思ったけれどやめて、2つだけ記しておく。
現在の東京のほかに那須で活動できるよう新事務所オープンと、5年ぶりに書籍発行を予定。

トレードについては、あいかわらず225オプションをやっていて、まぁソコソコ安定した成績。あと2006年からずっとマイナス基調だった低位現物株が、今年ついに微増に転じた(日経平均とは動きが違う)。ここ数年のぼくは、株をやりたいという人に、「やめろやめろ」と言い続けていたが、ここで変える。なんとなく、2011年は良いんじゃないかと期待しているのだ。

では、みなさん良いお年を。アンド2011年もどうぞよろしく。

あけましておめでとうございます

ずいぶん間があいてしまいましたが、あけましておめでとうございます。
これから、ぼちぼち更新していこうと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。

週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンドはたまに買う雑誌。
たまにすごい役立つ。
リンクから年間購読すると一冊あたり350円まで安くなるので、購読してみることにした。
結局ムダかもしれないし、逃す情報が減ってトクする気もする。

ダイヤモンド


ちなみに今週の保険特集はイマイチだったけどね。

とっとと

先日から書いているとおり、個人投資家の時代は終わったと思っているので
とっととトレード関連の続きの記事を書いて、いったんしめたいのだ(でも、昨年春から会う人にずっと言っているんだが、今年の3月で株は大底を打つと思っている)。
しかし、なかなか書ききれないんだけど。

で、そのあとに6000枚近くある音楽CDとLP。
400枚以上の音楽LDとDVDのレビューを書きたいのだ。リンクから本はほとんど売れないけれど、けっこうCDは買ってくれているんだよね。もちろん、需要があるほうがうれしいわけだ。

まぁ、トレード関連も書くと思うけれど「従」の立場ね。
そのときはそれはそれでよろしく。

トレードの確定申告はきちんとするべし

今年も2月末に個人の確定申告を提出。
以前にも書いたが、ぼくは株と先物をやっているので確定申告が必須になるため、会社では年末調整せずにここで所得税を確定する。
最近はインターネットで書類制作ができるので平成16年からこれで行っており、作業自体はもう慣れたもんだが、1年ぶりだと意外と時間がかかるね。早めに手をつけたほうがいい。

ぼくは過去の申告書も控えてある。確認してみたら、平成3年から確定申告を行っていた。
株の申告も当時からまじめにやっているぞ。ということは、キャピタルゲイン税ってこの時期に始まったんだろう。利益の売却はみなし利益で、損失の売却は申告って時期だ。ほとんど記憶にねぇけど。

さて、この時期は毎年税制の変更に目を通すためにマネー誌を何誌か買うんだけど
今年は『日経マネー』3月号の66〜67ページ「現役税務署員&税理士ぶっちゃけ覆面座談会」という記事に驚いた。

日経マネー 2009年 03月号 [雑誌]日経マネー 2009年 03月号 [雑誌]

日経BP出版センター 2009-01-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「いまや税務署も成果主義」
「国内での株譲渡利益、FX投資利益の無申告が目立つ」
「この海外取引事案の調査実績で投資家にお尋ね
 〜誰が、いつ、どこどこ銀行に幾ら振り込んだと。USドルで振り込んだか、日本円で振り込んだか、ユーロで振り込んだか。その振り込みの理由は何かというのが書かれた記録が、法定資料として税務署に来る。で、もし海外の証券会社からの振込みだったりすると、これは株の取引じゃないかと照会を出す。それで何か不正が見つかれば御用というわけ。」


税務署はみなさんのトレードの明細を把握しています。
きちんと申告しましょう。今年は16日までですぞ。

個人投資家の時代は終わったか?(2)

以下の文はプロの株式ディーラー綿貫哲夫氏(仮名)に対して、
林知之氏がインタビューした記事の抜粋だ。
林投資研究所の会報に、昨年7月〜11月に分けて掲載された。

これを7月に目を通したとき、
昨今の1日のボラティリティの大きさについての解説として
だれもが納得できる話だな、と思ったのである。

--------------------
こんな売買だけで出来高がふくらんでいるのが現在の実態で、純粋な売買、いわゆる実需の売買のウエイトが小さい状態だと思います。デイトレード以外の委託注文だってヘッジファンドがいたりするのですから、ある意味でスペキュレーター(投機家)ばかりになっているのです。この状況は、たぶん2007年の春とか夏あたりからみられるもので、おそらく一時的なことだと思いますが、われわれにとっては非常に重要な事実です。
 また、一般的な個人投資家にとっても意味があることではないでしょうか。出来高や騰落が見せかけのものだから、まともに観察していいのだろうかという議論があり得るでしょう。ザラ場で50円高していたのに大引けは20円安で、しかし次の日にはまた寄付からワッと買いが入ってくる、そんなことがしばしば起こるのです。
--------------------

--------------------
──新人類ディーラーについての質問を続けます。彼らのやり方は、売買する範囲が広いということのほかに、どんな特徴があるのですか?

 強引な印象がありますね。極端な「1カイ2ヤリ」なんです。どんどん手を出すのですが、小さな値幅で手仕舞いして、「1カイ2ヤリで1円抜く」どころか「0.3円しか抜いていない」みたいな売買を平気でやります。だから4、5年までは考えられなかったような大商いがあるんです。

──それだと、利益が小さすぎるのでは?

 数量でカバーします。彼らの考え方はわれわれと違うんです。「出来高の何割を目指すか」みたいな、全く異質な発想があるんです。値幅ではなく出来高なんです。わかりますか?例えば、出来高の1割を目指す場合、10万株の出来高なら1万株ですけど、出来高が100万株にふくれたら「その1割の10万株やらなくちゃいけない」ということです。そうやってどんどん出来高がふくらめば、次々と人がついてくる。そうすれば、抜けるチャンスも増える。そういう発想というか、異なったアプローチをするんです。
 どんどん買って、大引けの時間が近づいても「それっ!売り方は踏め」みたいに買い進んで、最後はポジションをゼロにするために、かまわず売ってきます。で、翌日はゼロからのスタートです。だから、大商い銘柄の出来高が翌日には何ごともなかったように通常通りに戻ったりするのです。
--------------------


この項つづく
milestonesのグッズ
トレーダーのための本

okutrade






執筆者のプロフィール
最新コメント
Archives
よく利用するサービス
HMVジャパン











ブックオフオンライン









カラメルBOOKS 全品送料無料!本、CD、DVDの通販サイト

プレミアムバンダイ(ホビーオンラインショップ)

電子書籍ストア BookLive!
証券会社









with Ajax Amazon
  • ライブドアブログ