今年はぱっとしない。昨年が良かっただけに、はがゆい思いだ。だが、2ヵ月チョイで去年のやり方が通用しなくなったと判断するのはまだ早いだろう。
昨年の株はプラス59%。最後の12月だけで16%もプラスになっているので調整しない方がおかしい。ちなみに今年のマイナスは現在9.4%といったところ。

コモディティがダメな原因はよくわかっている。東京ゴム−ゴム指数のポジションの比率が大きすぎるから、ほかのトレードが調子いいのに、これですべてを打ち消されているのだね。
おまけに、損切りしたくても指数の枚数が多くなりすぎてちょっと難しい。ただ先月の納会後にいい感じのサヤになってきたので、定期をどんどん乗り替えてなんとかなりそうな気がしている。まぁ、油断は禁物だけどねぇ〜。