ほぼ編集は完了。いま、最後のツメ段階であちこちの確認や調整をしているところだ。
さて、前回の記事にコメントをいただいたので、それについて少々答えることにしよう。

------------------------------------------------------------------------------------------------
3. ぺこぽん 2011年05月01日 21:56
誰一人として名前をしらないのですが、業界では有名な人たちなのですか?
ジャック・シュワッガーの「マーケットの魔術師」のように参考になるのでしょうかね?
こういう本はインタビュアーも、スーパー投資家でないと、投資の極意を引き出せないよ。
------------------------------------------------------------------------------------------------

まずは、 興味を持っていただいたことに感謝しよう。さて

> 誰一人として名前をしらないのですが、業界では有名な人たちなのですか?

宣伝文に「表舞台にほとんど出てこない、日本人のスゴ腕トレーダーたちの本音がつまったインタビュー集」と書いたとおり、 本書に収録されているトレーダーは、業界ではそこそこ有名な人もいるが一般的には全く無名な人のほうが多いといえよう。
これはトレードの世界に長い人ならご存知だろうが、日本のマーケットでは有名になってもメリットがほとんどない。名前を売ることで資金を集めてヘッジファンドをやるという目的があるとか(日本では出資法とかで実現がむずかしい)、大手仕手筋で自分の力を示す目的等があるなら別だが。したがって儲かっているトレーダになればなるほど表舞台に出てきたがらない。
だから本書の内容は、そんな優秀なトレーダーたちに無理をいってインタビューに答えてもらった貴重なものばかりなのだ。

なぜそんなことが可能になったのかといえば、こういった本で重要になるインタビューアーの存在があげられる。投資界では有名な林投資研究所・林輝太郎氏を父に持つ林知之氏が個人投資家のためにということでスペシャルなトレーダーたちに直接頼み込んで成立したからなのだ。もちろん、1〜2年くらいの期間でたまたまうまくいったようなトレーダーは最初から対象になっていない。

>こういう本はインタビュアーも、スーパー投資家でないと、投資の極意を引き出せないよ。

そんなわけで、よくあるムック本のような軽いインタビューとは違い、トレーダーでもある林氏が9人の実践家が成功の道にたどり着いたプロセスをとことん聞き出している。まちがいなく読者の期待に応えられると確信している。

林投資研究所についてはこのリンクを参照してほしい。
億を稼ぐトレーダーたち―日本版マーケットの魔術師たちが語る成功の秘密億を稼ぐトレーダーたち―日本版マーケットの魔術師たちが語る成功の秘密
林 知之

マイルストーンズ 2011-06
売り上げランキング : 326

Amazonで詳しく見る
by G-Tools